婚約指輪で未来はバラ色~指輪から始まる新たなライフステージ~

カップル

人生を共に歩む約束の証

指輪

結婚を申し込む言葉と共に

愛する二人の気持ちがやがて結婚を意識するようになれば婚約の時期です。プロポーズで心を込めた言葉を伝えます。そして女性に婚約指輪を贈る瞬間は男性にとって一大決心の時です。婚約指輪は元々ヨーロッパで始まった習慣です。二人にとって結婚の約束の証であると同時に「この女性は婚約中ですよ」という印でもありました。日本には江戸時代に伝わってきました。その後婚約指輪を贈る習慣が庶民に定着したのは1960年代になってからです。当時はコマーシャルで婚約指輪は「給料の3カ月分」というコピーが広がりました。実際に給料の3カ月分というよりは、結婚の申し込みには男性にそれくらいの意気込みが必要であるという表れだったのでしょう。

よく検討してオーダーを

現在では婚約指輪を渡すタイミングはさまざまです。彼女の左手の薬指のサイズや趣味が分かっていれば前もって準備することが可能です。彼女の誕生日や二人の特別な記念日に渡すことも出来ます。そうでない場合はプロポーズの後、彼女の好みに合ったものを二人で選びに行くこともあります。結納の日にお披露目できるように準備する人もいます。注意しなければならないのは婚約指輪はすぐに買って渡せるものではないということです。最近では多くの人が婚約指輪をオーダーメイドします。愛の象徴であるダイアモンドを主流にシンプルなものが人気です。一生に一度の大切なものですからしっかり検討することが大切です。オーダーから仕上がりまでに1〜3カ月くらいの期間をみておくようにしましょう。

婚約指輪は安い買い物ではないため、事前に様々な情報を集めて購入しなければなりません。あまりにも高すぎる婚約指輪を購入するには気が引けるといった人は、購入する方法を工夫することで負担を少なくすることができるのです。手持ちがなく購入するのを諦めていた婚約指輪は。ローンを組むことによって気軽に手に入れることができるのです。大切な指輪を節約して購入したくはないものです。値段に関わらず、気持ちのまま購入しましょう。

エンゲージリングの変遷

アクセサリー

婚約指輪のルーツは古代ローマ時代に遡りますが、一般の人たちに広まったのは19世紀のことです。日本でダイヤモンドの婚約指輪が主流になったのは1970年代以後のことです。現在では価値観や社会環境が変わり、保守的といわれる名古屋でも今後はより普段使いしやすい婚約指輪が人気を集めていくものと予想されます。

予算に応じた選び方

リング

指輪の中でも婚約指輪は大変価値のあるものです。これから共にする人との大事な指輪は、大阪でも手に入れることが出来ます。また多くの方が利用できるようにインターネットで情報を得ることができます。しかし、それぞれの好みであったり、価値が違うので、そういった情報を参考程度にして、自分たちの条件に合う婚約指輪を探しましょう。

選び方の注意

装飾品

ジュエリーブランドで婚約指輪を購入する前に、まずは試してみるといいでしょう。最近ではオンラインで購入ができるジュエリーブランドもありますが、可能であれば、実際に指にはめてみることで、指の付け心地や、ダイヤモンドの光加減などもわかるので、沖縄で購入する際も試着をしてみることが大切です。